なぜ調剤薬局で働こうと思ったのか?

私は昔、建設業の事務員として働いていた経験があり、

そのときに簿記の資格をいくつか取得しました。

元々理系ということもあり、数字を扱う経理職が苦ではなかったのですが、

では、なぜ今、調剤薬局事務として働いているのかについてお話したいと思います。

前職を辞めてから半年ほど専業主婦をしていたのですが、

ある日、テレビを見ているとユー〇ャンのCMが⋯

ありきたりですよね!w

当時は医療事務が人気No1だったということもあり、

すぐに医療事務の講座を申し込みました。

そして3ヶ月ほど勉強し、医療事務の資格を取得したので医療事務の求人に応募!

しかしなぜ、医療事務として働いていないのか…その理由についてお話します。

医療事務の実務経験者がほしい

特に個人で開業しているクリニックでは、実務経験がある人を求めていました。

あるクリニックに履歴書を送るとすぐに面接に来て欲しいと言われたので急いで行くと

「資格取っただけじゃね~」

「そんな簡単な仕事じゃないから~」

「あなたには大きな病院がお似合いよ~」

と言われる始末。

それならなんで面接に呼んだんだよ!と怒り心頭でした。

その後、総合病院の医療事務に応募したところ見事内定をいただくことに!

しかしながら、ここで2つ目の理由にぶつかります。

給料が安い

総合病院の医療事務の内定をいただいたのですが、給料が安すぎました。

時給でいうと最低賃金とほぼ同額、

さらに車で通勤する場合は自分で月極駐車場を借りなければいけないとのこと。

毎週月から金、8時から17時までの勤務だったのですが、

単純計算しても、月10万あるかないか…そんな程度でした。

この2つの理由により、医療事務を断念する羽目に⋯

その後、大手転職サイトで求人を物色していると

1つの調剤薬局の求人が目に留まりました。

それが今勤めている薬局です!

そして3年の月日が流れ…今もなんとか勤めていますw

次は「薬局の勤務時間」についてお話したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク